アンチポリューションハウス withコロナ

最終更新日:2020.07.27

皆様こんにちは♪本日は空気の話です。

withコロナの時代・・・・

私たちにできる予防はマスク他、感染しないような行動をする。

感染を拡大させない行動に気を付けなければと思います。

空気の大気汚染問題ばかりではないwithコロナの時代になっています。

他に深刻な空気の大気汚染問題には自動車の排出ガス、タバコの煙、PM2.5、浮遊カビ、花粉など私たちの健康に悪影響を及ぼす物質は日常に溢れています。

毎年PM2.5の濃度も高くなる傾向にあります。

様々な有害物質が飛来し、花粉症や気管支炎などの原因物質にも:;(∩´﹏`∩);:

また猛暑の時期は、乳幼児や老人が亡なる熱中症などの事故も毎年多発しています。

withコロナの時代だからこそ、住宅は健康を守るシェルターとしての大きな役割を果たさなくてはいけません。

草原住宅『アンチポリューションハウス』は、このような様々な有害物質の公害に積極的に立ち向かい克服する住まいのことです。

超高性能と言われる構造は充填断熱に外張り断熱のダブル断熱。超気密と言われる草原住宅は、気密性能C値=0.5m2/m2以下を必須の条件として、

カビを発生させない温熱環境を整えている健康・安全住宅です。

『草原式循環空調システム』は「空気清浄器」搭載しています。

1年を通して1台のエアコン利用で「きれいな空気の爽やかな風を送る」全館暖冷房です。

インテリアの妨げをするような高価な設備もありませんので、自由な間取り、ゆとりある収納は

そのまま叶えることが可能です(●´ω`●)

ダクト式換気は「第3種計画換気システム」、給気口に「帯電フィルター」を組み込み、微細なPM2.5まで室内には侵入させません。

暖冷房空気を淀みなく循環するとともに空気清浄器を通過するたびに更に空気は清浄し室内環境を守ります。

こんな世の中だからこそ、この家づくりを知ってほしい。失敗しない家づくり是非この住宅をご覧ください。

『草原式循環空調システム』は合志市・熊本市及び近郊だけでも12棟以上の実績があります。

このシステム設備を取付られたお施主様には大変喜んでいただいております。

「百聞は一見に如かず」と申しますように是非この機会にこの住宅をご体感してください。

草原住宅は、誠心誠意まごころ込めて皆様の住宅をご提案させていただきます。

お電話お気軽にどうぞ♪096-242-1911