【いのちと健康を守る家づくり】新築循環空調システム・分譲地企画販売・中古住宅建物調査・維持管理を通して、地域社会に必要とされる会社を目指します。

(株)草原住宅

☆ 新着情報 お客様の声 循環空調 新築:快適なくらしのために 新築:換気

洗濯物の部屋干しについて♪

こんにちは。
梅雨もそろそろ終わりが見えてきましたね

今日は洗濯・物干しについての記事です。
草原住宅の平均

C値=0.3c㎡/㎡以下
Ua値=0.45

の超高気密超高断熱住宅が標準仕様となります。

超高気密超高断熱住宅の暮らし方を模索している中で、

洗濯物を室内で干すメリットが多いとの

お声をよく頂きます。

・窓の開け閉めが必要でないこと。

・外部に干さないのでプライバシーが保たれること。

・天気に左右されないこと。

・洗濯物が良く乾くこと。

・洗濯動線が短くて済むプランであること。

・衣類にホコリや花粉、PM2.5、黄砂、粉塵などがつかないこと。

・冬場は室内の加湿に利用できること。

・外に置いている物干し竿の拭き掃除をしなくて済むこと。

・風で洗濯物が飛ばされる心配がないこと。

・衣服が紫外線で痛むこともないこと。

・干す時に暑くなく、寒くないこと。

・窓の開け閉めしない為、室内に熱気、湿気、冷気が入らないので室内の温熱環境が守られること。

などなど、かなりメリットが多いことに気が付いたからです。

逆にデメリットとしては、
・晴れの日は室外より乾きが遅い。
・梅雨から夏にかけて室内の湿度が増してしまう。
の2点になります。

ただ、この2点についても、
夜には基本的にすべて乾いているので、共働きのご家庭の方々には特に気になる点ではないようです。

とあるお客様からは

物干しにつかっているハンガー類の劣化がほとんどないから嬉しい」というお声も♪

メリットの方が圧倒的に多いようです。

話のスケールは小さいですが、家の長持ち・耐久性と同じく、生活用品の長持ちにつながるメリットですね。

超高気密住宅においては室内干しのメリットが多いので、生活スタイルが合うようなら室内干しをおススメします。

先に挙げた室内干しのメリット。

・窓の開け閉めが必要でないこと。(熱い寒い空気が入らない。蚊が入らない。)

・プライバシーが確保できること。

・天気に左右されないこと。

・半日あれば洗濯物が乾くこと。

・洗濯動線が短くて済むこと。

・衣類にホコリや花粉などがつかないこと。

・冬場は室内の加湿に利用できること。

・外に置いている物干し竿の拭き掃除をしなくて済むこと。

・風で洗濯物が飛ばされる心配もないこと。

・衣服が紫外線で傷まない。

にプラスして、ハンガーが紫外線で傷まないことも分かりました。

断熱・気密性能の良い家ならば、室内干しをおススメします(^^)/

逆に言うと、バルコニーは要らなかったのかな~とおっしゃる方もなかには、、、

これから家づくりをされる方には、バルコニーについては十分に必要性の検討をおススメします。

メンテナンス費用や掃除の手間のことも検討して、メリットの多い設計にするべきと思います。

プランについては最も大事ですね!ご家族様の住まい方に合わせて、最適なプランをご提供致します。

最近は共働き世帯が多いと思いますので、洗濯物干し場計画をしっかり検討されることをおススメします。

草原住宅の『循環空調システム』には空気清浄機を搭載しています。

部屋干し特有の臭いなどの心配も激減!!

草原住宅採用の『空気清浄機』についてのお話はまた別記事にて書きたいと思います♪

オススメが多すぎて、ついつい長くなってしまいます(;^ω^)

まずはお家の気密性能をしっかり上げましょう、

ということです。

C値=0.5以下をしっかり確保したお家づくりを!

余談ですが、某超大手ハウスメーカーで建てた私の実家。

梅雨の時期になると。

室内干しで洗濯物が乾くのに2日くらいかかっていました。

ジーンズの場合、下手すると3日ぐらい。

もちろんその間、洗濯物はたまるし、湿気はすごいし。

カビ臭いし・・・。

住宅の性能ってホントに大切です。

理想の暮らしを是非お聞かせください

お家の事どんな些細なことでもご相談をお待ちしております。(●´ω`●)

Copyright© (株)草原住宅 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.