熊本の蒸す夏を快適に過ごす! 

最終更新日:2024.07.19

熊本の蒸し暑い夏を快適に!

エアコン1台で実現する
全館空気清浄機能/全館空調

草原住宅「循環空調」は、エアコン1台で理想的な室内環境を維持することができるシンプルなシステムです。二階建てプランはもちろん、平屋建ての水平面に広がるプランニングに相性が良く、十分な効果を期待できます。

脱炭素社会を目指して

このシステムは、最小限の設備で効果を発揮するため、住まいの暖冷房維持に必要なエネルギー消費を大幅に抑え、脱炭素社会へ貢献します。

 

  草原住宅「循環空調」の魅力

エアコン1台による 全館空調 / 全館空気清浄機能

  • ■健康リスクの軽減:気候変動(いわゆる地球温暖化)による高温多湿な環境の中、適切な水分補給をせず、夏の室内でエアコンなど冷房温度のムラのある不適切な状態や十分な換気もない場合、気づかないうちに(熱中症)などのリスクが高まります。このよう健康リスクを軽減したいと考えています。
  • ■室内空気の質:室内へ取り込まれる外気は、まず各居室にある給気口の特殊フィルターを通過します。そして計画換気と空気清浄機能を循環しながら清浄空気を保ちます。
  • ■夏の涼しさ:熊本の阿蘇地域でも昔はエアコンは必要ではなかったと聞きます。熊本の蒸し暑い夏、日本の夏は昔より暑くなっていることを実感します。清浄された調和空気を運ぶ高断熱ダクトにより、効果的に淀みなく循環する涼風を保ちます。草原の爽やかな涼風に包まれる暮らし。
  • ■冬の暖かさ:調和空気は低温暖房され、無垢床材の保温効果と合わせて足元から暖かさを感じます。家じゅうが心地よい適温に満たされますので冬場のヒートショックによる健康リスクを軽減する効果が期待できます。
  • ■維持管理:地域状況により各フィルターの交換、洗浄を行います。システムを維持するためには、エアコンの消耗度により取替え時期を計画します。最小設備のみ交換することでシステムを持続します。

健康面を重視した住まいを求めて

私たちの住まいの基本は、パッシブデザインが根底にあります。蒸し暑い夏を楽に暮らす。キレイな空気、涼風に包まれる家、室内で起こる熱中症やヒートショックをはじめ、花粉症やシックハウスなど健康面を重視した住まいを求める皆様に広く知ってほしい家づくりです。

熊本の住建築に携わる私たちは、地域の気候風土を基にSDGsやサステナビリティの視点から、永く住み継がれていく「これからの健康住宅」「良い住まいの環境」を皆さまと一緒に創り上げていきたいと考えています。

草原住宅が基本としている気密性能 C値=0.5以下 (令和元年~令和5年まで平均C値は0.34㎠/㎡)

■草原住宅は、熊本市街地も「トリプルガラス樹脂サッシ」を推奨しています。

「エクセルシャノン」の樹脂サッシは、性能も強度にも優れています。    

熊本地震時の点検でも実証済みです。

新開サステナブルヴィレッジ 合志市分譲地 建築モニター募集! 興味のある方は是非お越しください。